朝からテレビのどうでもいい話

泣いて笑って、笑って泣いて、楽しく生きていきましょう!

NHK朝の連ドラヒロインの子ども時代を務めたのは?  



 

【朝ドラヒロインと子ども時代】

 2019年春『なつぞら』

  粟野咲莉 → 広瀬すず

 2018年秋『まんぷく』

  - → 安藤サクラ

 2018年春『半分、青い。』

  矢崎由紗 → 永野芽郁

 2017年秋『わろてんか』

  新井美羽 → 葵わかな

 2017年春『ひよっこ』

  - → 有村架純

 2016年秋『べっぴんさん』

  渡邉このみ → 芳根京子

 2016年春『とと姉ちゃん』

  内田未来 → 高畑充希

 2015年秋『あさが来た』

  鈴木梨央 → 波瑠

 2015年春『まれ』

  渡邉このみ → 松本来夢 → 土屋太鳳

 2014年秋『マッサン』

  エマ・バーンズ → シャーロット・ケイト・フォックス

 

***

 4月1日、NHK朝の連続テレビ小説第100作となる『なつぞら』の放送が始まりました。

 主人公の奥原なつ役を広瀬すずさんが演じますが、第一週ということで、北海道に連れてこられた家のごちそうを前に「夢のようだ」と頭の中で考えていることが口から出てきてしまったり、牛の乳しぼりをしたりする、子ども時代のなつを子ども時代を粟野咲莉さんが演じています。

 『おしん』の例をあげるまでもなく、NHKの朝ドラは、子ども時代も重要ですよね。今回は、直近10作の子ども時代をだれが演じたか、まとめてみました。

 2014年秋以前は、またいずれ。

 

 


Privacy Policyについて