快適<口コミ>生活 ~♪

泣いて笑って、笑って泣いて、楽しく生きていきましょう!

伊坂幸太郎✕斉藤和義『絆のはなし』



伊坂幸太郎といえば仙台、タイトルに「絆」とあれば、東日本大震災に関する本みたいだけれど、初版は2007年。

「いまから5年前、会社勤めをしながら小説を書いていた伊坂幸太郎は、斉藤和義の『幸福な朝食 退屈な夕食』という曲を聴いたことがきっかけで、会社を辞めて小説に専念する決心をした。」なんて導入がいい。

メインは伊坂幸太郎と斉藤和義の対談。

それぞれが好きな、映画、音楽、小説、マンガも紹介されていて、マンガでは、伊坂幸太郎が新井英樹『真説ザ・ワールド・イズ・マイン』や大友克洋『童夢』を挙げ、斉藤和義が吉田戦車『伝染るんです。』、中崎たつや『じみへん』、業田良家『自虐の詩』なんかを挙げているのが面白い。ファンにすれば納得なのかな。ちなみに、藤子不二雄では、伊坂が『21エモン』、斉藤が『魔太郎が来る‼』。

口絵に、伊坂幸太郎と斉藤和義が二人で写った写真が何枚も載っていて、これはなんだか昭和30年代のアイドル本の体でもある。

 


Privacy Policyについて