朝からテレビのどうでもいい話

泣いて笑って、笑って泣いて、楽しく生きていきましょう!

【名盤】50代必携のアルバム~「ルパン」【コレクション】



ルパン三世 ´71 ME TRACKS

緑ルパン」で使われたホンモノの山下毅雄サウンドを聞くには最早この方法しかない、と謳っている一枚。

作品中でふんだんに流れた山下毅雄による極上のサントラ音楽は、そのマスターテープが紛失したことからレコード、CD化は不可能と云われてきた。が、今回は’71年放映の旧『ルパン三世』全23話の制作過程で全話分作られたMEテープ(作るべき場面に合わせて選曲された音楽と効果音をミックスし、台詞が入っていない音素材テープ)から1曲ごとに復元編集作業を施して初のアルバム化に挑戦! (帯の惹句より)

大野雄二さんももちろんいのだけれど、ルパンたちが歩くリズム、走るテンポ、車に乗り込むスピード、山下毅雄の音楽のほうが合うなあ(人それぞれですが)。せつなさ、はかなさ、リリカルさ…漂ってくるものがね(何言ってんだか)。

 「銃声、アクションなどのSE(効果音)がかぶりますが、ご了承の上お楽しみ下さい」とありますが、サントラ好きには効果音かぶりは逆にありがたいのでは、なんて思います。ルパン(山田康雄)による登場人物紹介、銭形(納谷悟朗)による登場人物紹介も入ってるしね。

 

 

 

 


Privacy Policyについて