快適<口コミ>生活 ~♪

泣いて笑って、笑って泣いて、楽しく生きていきましょう!

【ハーッてして】もしかして臭ってるのかな?【40代からの健康対策】



歯を磨いてさえいれば大丈夫と言えたらいいんですけど、こればっかりはどうもというのが「口臭」ですね。気にし出すと、話している相手の表情や仕草ひとつひとつが気になり出していけません。

f:id:kaiteki50:20190505165717j:plain

みんなどうしているんだろう、口臭対策。私はといえば、まあ歯磨きは普通にするとして、外出することも多いので、外出先にはマウスウォッシュを持って行きますね。とはいっても、コンビニで売っているタイプのですけど。しょっちゅう買うので、マウスウォッシュ貧乏になってたりして。

今日は、口臭対策グッズにどんなものがあるのかちょっと調べてみました。いつも通り、製品を扱っている企業さんより詳しくなんてとても書けないので、興味がわいたらサイトをチェックしてみてくださいね。

1 汚れが見えるマウスウォッシュ?

「汚れが見える新感覚マウスウォッシュ」と書いてあって、面白そうなのでチェックしてみました。ゴッソトリノ(株式会社サン・クラルテ製薬)。ごっそり取れそうな名前ですね。「汚れが見える」というので、口をゆすぐと汚れた部分の色が変わったりするのかなと思ったら、全然違ってました。

15秒くらいゆすいで吐き出すと、たんぱく質汚れまで落ちるので、それが目に見えるということらしいです。「ああ、こんなに汚れていたのか」と、自分の汚れっぷりが目に見えるというのは、うれしいやらかなしいやらでしょうね。細菌の餌となるこのたんぱく質の汚れを落とせるというのがこの「ゴッソトリノ」のウリのひとつみたいですよ。

口臭対策専用マウスウォッシュ「ゴッソトリノ」  

2 ヒト由来の乳酸菌で口臭対策

乳酸菌を使ったマウスウォッシュがあるんだそうです。乳酸菌っていうと、おなかにいいってイメージがありますけど、歯にもいいんでしょうか?

その乳酸菌、正式名称はラクトバチルスラムノーザスKO3株というそうで、歯周病菌・むし歯菌の発育を阻止する、制菌効果のある乳酸菌の一種なのだと。

面白いなと思ったのが、この乳酸菌、むし歯になったことのない健康な子どもの口の中から発見されたんだそうです。80歳の時に自分の歯を20本残そうって8020運動ってありますけど、その8020の願いを込めて、わかりやすくL8020乳酸菌って名付けられました。こちらのほうが覚えやすいですね。

L8020乳酸菌は歯周病・虫歯菌・カンジダ菌などの悪玉菌の発育を抑制する効果が期待され(反対に善玉菌は残す)、その特性に注目したマウスウォッシュがラクレッシュ()新しい口腔ケア商品がラクレッシュ(ジェクス株式会社)。マウスウォッシュだけでなく、歯磨きジェルもあるそうですよ。

『お腹じゃない』口内を健やかに保つL8020乳酸菌を使った全く新しいマウスウォッシュ【ラクレッシュ】

 

 

 


Privacy Policyについて